カウンセリング講座

2017年度

カウンセリング心理学講座
研修領域及び時間数は、日本カウンセリング学会の認定カウンセラー資格申請に必要な内容に基づいています。
  資格を申請する際の研修記録として、ご活用いただくことができます。

 専門性の高い内容 
   (特)埼玉カウンセリングセンターでは、カウンセリングについて専門性の高い内容を、体系的に学ぶことができるよう、
   講座を企画しています。
  一般の方や学生の方も受講可能です。各講座の定員は20名。少人数で集中して学べます。

 演習や体験を使った実践的な講座
  また、演習や体験の時間を多く取っていますので、これからカウンセリングを学ぼうと思われている方や、すでに理論については
  かなり学ばれている方や、現在相談活動に携わっている方のご期待にも、お応えできるものになっています。

 資格認定の研修記録として活用できる
  研修基準及び時間数は、日本カウンセリング学会の認定カウンセラー資格認定に必要な内容に基づいています。
  資格を申請する際の研修記録として、ご活用いただくことができます。

 <カウンセリング講座1年間の総時間数>
  認定カウンセラー養成カリキュラムによる [ カリキュラム詳細

カウンセリング心理学 講義概要・詳細
【A・B領域】
カウンセリング心理学 時間数
  カウンセリングの理論と実際 -理念と歴史・関連領域--社会的責任・倫理と職務- 7.5時間
  精神分析的カウンセリングの理論と技法 7.5時間
  来談者中心カウンセリングの理論と技法 7.5時間
  認知・行動カウンセリングの理論と技法 7.5時間
  マイクロカウンセリングの理論と技法 5.0時間
  家族カウンセリングの理論と技法 5.0時間
  実存主義的カウンセリングの理論と技法 -フォーカシング- 7.5時間
  交流分析 7.5時間
  描画療法の理論と技法 5.0時間
カウンセリング・アセスメント  
 

心理アセスメント概論・心理検査の理論と実際

7.5時間
【C・D・E領域】 
カウンセリング演習  
  カウンセリング演習Ⅹ・ⅩⅠ 9時間
  ベーシック・エンカウンター・グループ 18時間
  事例研究(6~3月、計8回) 16時間
カウンセリング実習  
  スーパービジョン 随時
  グループ・スーパービジョン 随時
E カウンセリング諸領域  
  コミュニティ・カウンセリング 15時間

専門講座
(特)埼玉カウンセリングセンター企画による内容

幅の広い講座内容
 これからお話し相手のボランティア活動をしたいと思っている方、カウンセリングとはどんなことをするものなのか興味がある方、
 すでに心理相談の仕事をされている方で技法を磨きたいと思っている方。それぞれの方のご要望にお応えできる内容です。

仕事や活動に活かす
 ボランティアでお話しを聴く活動をしている方、心理相談の仕事をしている方にとって、すぐに活かせる技法を学ぶことができます。
 講師陣は、日々臨床の現場で活躍している(特)埼玉カウンセリングセンター理事のメンバーですので、実践的な指導を受けることが
 できます。

研究を深める
 人のこころの声を聴くにはどのようにしたらいいか、言葉で表現できない人のこころを知る方法としてどのようなものがあり、
 どのように信頼関係につなげていくかなど、こころに寄り添いこころを見つめていくことについて、ともに深めていきましょう。

      
専門講座 詳細・講義概要ページ
【年間プログラム】
  ボランティア活動に活かしたい 時間数
  傾聴ボランティア初級講座①② 各10時間/4日
  傾聴ボランティア上級講座①② 各10時間/4日
  カウンセリングの専門性を磨きたい  
  体験コラージュと解釈の実際 9時間/3日
  ソンディ・テスト入門講座①②③ 各6時間/3日
  ロールシャッハ・テスト(片口法)基礎講座 15時間/3日
  WISC-Ⅳ 体験と解釈の基礎 6時間/1日
  WISC-Ⅳ 事例研究会 8時間/4日

心理学コースセミナー     心理学コースセミナー