再会


昨年の薔薇に逢いに行った

涙を見せてくれた

日が暮れるまでそこにいた

やはり、涙の訳は分からない

迷惑かもしれない

わたしがそこにいたかっただけなのかもしれない

でも、待っていてくれたような気もする