東日本大震災に関する支援活動
【長期支援 第4次】平成28年(2016年)10月~
  仮設住宅住民と支援者のための、こころのケア活動の継続
 ◇目的

(1)長期化する仮設住宅の生活によるストレスの軽減と、心理面の個人差を重視したこころのケアを行う
(2)状況に応じた、柔軟的な支援活動を行う
(3)コミュニティの継続に、積極的に関わる
(4)支援する立場の方をサポートする
(5)被災地の現状を伝え続ける
(6)支援活動に参加しやすい環境をつくる
(7)支援活動の体験を、それぞれの地域で活かす


 ◇実施状況
  ※4団地…大森第2・3・4団地、飯野川校団地、 追波川多目的団地、追波川河川団地
  平成28年11月10日(木)11日(金)12日(土)

【スタッフ】 認定カウンセラー4名、メンタル・サポーター1名
【利用者(4団地)】 足湯・お茶っこ36名、居宅訪問16名

【こころの日記】
大森第3団地は、今年中に復興公営住宅への転居が決まっている方が
何人か、いらっしゃいました。
「新年を新しい部屋で迎えられる」と、喜んでいる方
「また0から、ご近所さんとの付き合いを始めなくちゃいけない」と、不安な気持ちでいる方
「そこも終の棲家にはならない、仮の住まい」と、暗い表情の方・・・
思いはひとつではありません。
まだ、転居先が決まっていない方
決まっていても完成は2年後の方
雑草が生えかけた通路を通って伺ったお宅の方は
「夜が心細い」 とお話してくれました。

  平成29年1月12日(木)13日(金)14日(土)

【スタッフ】 認定カウンセラー4名、メンタル・サポーター1名
【利用者(4団地)】 足湯・お茶っこ33名、居宅訪問45名

【こころの日記】
大森第3団地は、いよいよ寂しくなりました。
自治会も解散してしまいました。
第4団地で行う『足湯・お茶っこ』に
第2団地、第3団地からも来てくれます。
居宅訪問は、第3団地を中心に行っています。
飯野川校団地、追波川多目的団地、追波川河川団地でのお茶っこは
出かけてきてくれる方が定着しています。
足湯でほっこりして、お茶っこでいっぱいお話をして・・・

ハンドセラピーを楽しみに、漁を早く切り上げて駆けつけてくれるSさん。
Cさんも、ハンドセラピーの常連さん
誘い合って来てくださる、“吊るし雛”作りのお仲間の皆様
Sさんは、予定を手帳に書いて、作業所を休んできてくれます。
Kさんは、奥さまが帰宅された後も、会話を楽しんでいかれます。
「歩くより這ったほうが早い」と足湯からお茶っこに戻られ
お砂糖をたっぷり入れたコーヒーをお替りするSさん。

どなたも、私たちの方がお会いすることを楽しみにしている方々です。
  平成29年3月9日(木)10日(金)11日(土)

【スタッフ】 認定カウンセラー4名、メンタル・サポーター1名
【利用者(4団地)】 足湯・お茶っこ45名、居宅訪問20名

【こころの日記】
発災から6年が経ってしまいました。
追波川多目的団地に立ってみると
キャンピングカーで訪れた5年半前の時のままのような
空き家が目立つ大森第3団地に立ってみると
耐久性に欠けた仮設住宅が、長過ぎた時間を訴えているような
住民の方々のこころには
何かざわついたものがあるようでした。

石巻市社会福祉協議会の見守り隊の方々と
それぞれの集会所でお話ができました。
私たちが心配をしている方々は
見守り隊の方も気にかけて、声をかけてくださっています。

第1回目にも参加させていただいた石巻市の追悼式に
今回も参加させていただきました。
ご家族がまだ見つからない方々にとっては
なんと辛い一日だったことでしょう。


各仮設団地で生活を続けていらっしゃる方々
大森第3団地    36/216世帯(16.7%)
大森第4団地    37/150世帯(24.7%)
飯野川校団地    37/74世帯(50.0%)
追波川多目的団地 64/103世帯(62.1%)
追波川河川団地   54/9 1世帯(59.3%)

 

 平成29年5月11日(木)12日(金)13日(土)

【スタッフ】 認定カウンセラー3名、メンタル・サポーター1名
【利用者(4団地)】 足湯・お茶っこ35名、居宅訪問9名

【こころの日記】
 復興公営住宅への転居者が目立ち、
 お茶っこにいらっしゃる方はどの団地も常連さんになっています。
 お宅にお邪魔している方も固定していて
 Wさんは、メンタルサポーターのMさんといっしょにお昼を食べるのを
 楽しみにしてくれています。
 周りの家が空き家になり
 夜は暗く物騒で、不安だそうです。

 社協の見守り隊の方が
 足湯に合わせて訪問してくださいます。
 情報交換できるのが有り難いです。

 石巻市内で、最終的に残る仮設住宅は
 市営、県営の土地にある19か所になる見込みだと
 住民の方からお聞きしました。

 平成29年7月13日(木)14日(金)15日(土)

【スタッフ】 認定カウンセラー4名、メンタル・サポーター1名
【利用者(4団地)】 足湯・お茶っこ29名、居宅訪問14名

【こころの日記】
 移転が決まっている復興公営住宅の完成が、まだ先の方の中には
 移転先に近い仮設住宅に、転居する方もいらっしゃいます。
 前回の居住者と同じチラシを持参するのですが
 足りなくなる場合があります。

 大森第3団地は、この辺りでは一番規模が大きい団地でしたが
 居住率が20%を切ってしまいました。
 足湯も以前は、第3団地にある「大森ささえあい拠点センター」で行っていましたが
 2014年12月から、お隣の大森第4団地で行っています。
 第2団地、第3団地からも足湯に来てくださる方がいます。
 自治会を解散した団地にとって、足湯とお茶っこは
 コミュニティの場として、役割を担っているようです。

 足湯で語られるのは、転居に関する課題や悩み
 そして、震災から数日間の出来事です。

 平成29年8月18日(木)19日(金)20日(土)

【スタッフ】 認定カウンセラー5名、学校カウンセラー2名、
      メンタル・サポーター2名、傾聴ボランティア1名
【利用者(3団地)】 足湯・お茶っこ19名、居宅訪問2名

【こころの日記】
8月に行っている 『東日本大震災被災地支援体験と現地視察研修』は
4回目となりました。
今回は、宿泊先の関係で、10名での活動でした。

ほとんどの方が常連さんで 訪れた仮設住宅の集会所では
「あら」「まあ」と、懐かしむ会話が起こりました。

亡くなられてお会いできなかった方がいます。
でも、その場にいると、今もその時の会話がこれからもありそうな・・・

昨年より、さらに腰が地に近くなった方がいます。
でも、石ころだらけの隙間で収穫する作物の話は
みずみずしい夏野菜が、とてもおいしそうに感じられます。

吊るし雛は今も健在です。 初めて見せていただいたとき
皆様の逞しさとやさしい心に打たれたことを、思い出します。

埼玉カウンセリングセンターでも、吊るし雛はずっと揺れていますよ。

 平成29年9月14日(木)15日(金)16日(土)

【スタッフ】 認定カウンセラー4名、メンタル・サポーター1名
【利用者(4団地)】 足湯・お茶っこ29名、居宅訪問18名

【こころの日記】
現在2泊3日で行っている活動を
平成30年度は、1泊2日でも、同じ4団地で続けられるよう
スタッフみんなで、知恵を絞り合いました。

足湯には道具が必要で この6年間
キャンピングカーで、 一緒に移動
大きなキャリーケースに詰め込んで、電車とバスで移動
現地に設置した事務所に保管
現地でできた知り合いの方から借りた事務所に保管
大森第3団地の自治会倉庫に保管 大森第4団地の集会所に保管
そしていよいよ
また、大きなキャリーケースで、新幹線と電車で移動案を 検討しています。

細く長く・・・
この時間は、支援活動の歴史でもあります。

笑ったり、泣いたり・・・
まだまだ続きます。

ごあいさつ

 この活動で、平成23年9月からの5年間は、中央共同募金会の『ボラサポ支援金』の応援をいただいて進めてまいりました。
 入居直後から訪問している4つの仮設住宅は、最終転居が平成30年12月と伺っています。(平成28年9月現在)

 私たちは、「最後まで、つながりを切らないこと」を目標に、これからも活動を続けていきます。
 なお『ボラサポ支援金』事業は、第18次をもって終了となりました。
 活動を続ける工夫の一つとして、当団体独自の『石巻サポート基金』を作りました。

 また、活動の様子は引き続き、このページでお知らせしていきます。
 当団体の今後の活動に関心がある方、資金の応援を考えてくださる方は、ご連絡をいただけるとうれしいです。

  <石巻サポート基金 口座名> 
三菱東京UFJ銀行  上尾(アゲオ)支店  普通預金 1309270
特定非営利活動法人埼玉カウンセリングセンター 代表理事 高倉恵子
▲このページのトップへ
埼玉こころのケアセンター 所在地
住 所  〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-780-7
 特定非営利活動法人埼玉カウンセリングセンター内  『埼玉こころのケアセンター』 【地図
電 話  048-650-6514
F A X  048-650-6514
E-mail mail@npo-scc.jp

Copyright© 2011-2017 Saitama cocoronocare Center All Rights Reserved.