posted by on お茶の間心理学

お茶の間心理学<№1>

「お茶の間心理学」と読んで
あなたにはどんなテーマミュージックが聞こえてきましたか?

新しいことに出逢うとき
ひとは期待もし、不安も感じますが
それは、いろいろなイメージがわき
そのイメージが感情を引き出すのでしょう。

プラス思考のひとと、マイナス思考のひと
挑戦的になるひとと、慎重に考えるひと
外向的なひとと、内向的なひと
分析的に観るひとと、雰囲気で捉えるひと

出来事に出逢う前に
わいてくる感情が、すでにひとによって違っているように思います。
プラス思考が良いと決めずに
いろいろな方向から眺めてはどうでしょうか?

みかんを食べるとき
初めてのときは、皮をむいてみないと中がどうなっているか分からない。
次からは皮をむかなくても、中は想像がつく。
けれど、何度皮をむいても、味は食べてみないと分からない。

甘い方が良いけれど、さわやかな酸味もなかなかです。
口に合わなかったら、次に期待をしたくなります。
こたつに入って安心してだったら、ゆったりといろいろな味を楽しむ余裕がありますが
もし、違う状況の中だったら、またこれも違ってきます。

ひとのこころの中って
そんな感じでしょうか?

こんな感じで、ぼつぼつ始めてみたいと思います。

悩める人へ

5月
2012
22

posted by on 悩める人へ ~色即是空 空即是色~

あなたは「悩むことができるひと」

好きです。
尊敬しています。

悩むことができる力をもっているから。
その能力を
愛する人のために
惜しみなく使いましょう。

posted by on 悩める人へ ~色即是空 空即是色~

ふと、この言葉が浮かんできました。

ホームページをリニューアルする際に
以前に書いたブログを、誤って消してしまったようでした。

そのとき、そのとき
自分のこころと向き合い
ピッタリくる言葉を、苦しみ、楽しみながら選んで書いた
あの言葉たちはどこへ行ってしまったのでしょう。

いまこうして見つけた言葉も
いずれ消えてゆく・・・
見つけた瞬間から
それは過去の記憶へと去ってゆく・・・

どんなに大事にしていても
それは一瞬の存在でしかないのかもしれません。
こころに湧いてくるいろいろな思いも
かすかな記憶の箱に、しまわれてゆくのを感じます。

こころは移ろい
同じところにとどまることはないのでしょう。
また、止まっていたい思いも
時間は、それを許してくれません。

けれど・・・
確実に存在していたという事実
いま感じているという事実
そのとき身体に在った感覚は
いまも鮮やかに蘇ってきます。

喜びも、苦しみも、
不安も、安堵も
快も、不快も
怒りも、感謝も

いずれ消えてゆくこの生命
一瞬、一瞬を見つめながら
自分のこだわりを捨てずに
そして、執着せずに生きていきたいと思うのです。